インフィニティ∞ファクトリー

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンジオブライフ(完全版)

チェンジオブライフ

第6話 記憶崩壊序曲


最近俺はひたすらパソコンのキーを打ち続けている。
特に何を目的があるわけでもなく…ただただ黙々と…

何かわからないものに怯えているのだろうか?
それとも自分の変化に酔いしれているのだろうか?

あらゆることが頭に記憶されていく自分に驚きそして少々のとまどいがある。
それでも俺は止まらない。

知識が吸収されていくのがおもしろくて仕方がなかった。



「まぁ〜さと!!」

その声とともに急に後ろからにゅっと手がでてきた。

「うわっ!あぶ…な…!!」

ドシン

背にもたれながら椅子に腰をかけていたためか
正人は椅子から転げ落ちた

「あぶねーなぁ!なにすんだよ!」

「だって正人チャイム鳴らしてもでてくれないんだもん」

美国がちょっと不機嫌そうに俺の顔を上から見下ろす

「だからってなぁ…」

「最近付き合いわるいぞ!」
美国は顔を膨らましながら正人の頬を引っ張った。
確かにここ数日美国にあってなかったな…。

「悪い!悪い!最近パソコンとか勉強が面白くてさ」

「えー正人が勉強?雨でも降るんじゃない?」

ケラケラと笑いながら俺の顔をみつめる美国。

本当こいつはよく表情が変わるな。

でもそんなところがけっこう好きなんだけどな…

「な…何ジロジロみてんのよ!照れるじゃない」

普段あまり見つめないためか美国は視線をそらす

「あら!あらら!なんか懐かしいもの発見!」

視線をそらした先には一枚の写真が転がっていた。

「おいおい!人の部屋荒らすなよ!」

写真を手に取り美国は懐かしそうに語りだした。

「ねぇこの写真覚えてる?」

その写真は俺と美国が写っていて
美国の左手にはアクセサリーがぶら下がっている写真だった。

「二人で初めて買ったペアのアクセだったよね。
限定品だったから一日中歩き回って探して…。」


「…………」


あれ?そうだっけ?
なんだ…全然思い出せない…


「そ…そうだったけ?」

「もう何言ってるのよ!正人も言ってたじゃない!
こんなに歩いたのは人生で初めてだぁってさ!!一生忘れないって!」

「あ…ああ…そうだったよな…確か…」

なんでだ?絶対忘れないはずなのに…思い出せない
というより撮ったのかそんな写真…あれ…?

どれだけ考えても思い出しても思い出せない

『ズキン』
急に大きな頭痛が俺を襲った

「イタっ!!」

俺は美国の膝元から起きだした

「どうしたの?正人?大丈夫?」

心配そうに顔を覗き込む美国

「あ…ああ大丈夫だ…」


頭痛とともに何かが消えはじめることに気づくまで
時間はかからなかった…

©<コウ>_2017.(RSS/管理/提供: AL2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。