インフィニティ∞ファクトリー

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の唄

永遠の唄 2

なにもない日々の連続
確かに音楽をやっていたときも
さほど毎日イベントが起きていたわけでもなくて
バイト→音楽
その繰り返しだった

ただそれが今は
仕事→帰宅
そう変わっただけだった

趣味でもいいからギターを持ち作曲すればいいと思うかも知れないが
新しい生活
新しい仕事
それに慣れるまでそんな余裕もなかった
音楽への未練を断ち切るために
ギターは家の物置に封印した

いつか全てを受け入れられる その日まで…
その「いつか」という
不透明な設定をして…。

テレビを見てみると
新しいバンドがメジャーデビューしていた

「あ この人たち…いつか一緒にライブやった人だ…」

スタートラインは一緒だったはずだった
音楽に向ける情熱もお互い同じ
イヤ 自分のほうが上…だったはず

「違うな 諦めたオレの負け…か」

スポットライトの下
輝いて楽しそうに歌うその姿を見て
どうしようもない嫉妬の渦にかられた

「クソ 最低だ オレ…」

そそくさにテレビを消し明日の仕事の準備にとりかかった

窮屈で息苦しい毎日の中
仕事も少しずつ慣れてきたが
物足りなさを感じずにいられなかった

それでもこの不景気の中
音楽しかやってこなかった自分を
受け入れてくれた
この小さな会社を簡単にやめようとも
思わなかった
いや やめれなかった

与えられた仕事だけはきっちりこなそうと
自分なりに頑張っていた

少し思ったんだ
きっと人ってこうやって
日々慌しく働きながら
余計な考えなんてしないように
人生のレールからはみ出さないように
「魔」がささないように
本当にやりたいことも我慢して
それが最初は苦痛でも
いつのまにか それも麻痺していって
今の生活が当たり前になっていくんだって…

一日 一日 自分の中の夢をデリートしながら
それを現実に還元してるんだって
その報酬が安定した生活

それが「普通」なんだって…
そう思うようになった
トラックバックURL: http://kouyam777.blog64.fc2.com/tb.php/36-46326b61

©<コウ>_2017.(RSS/管理/提供: AL2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。