インフィニティ∞ファクトリー

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の唄

永遠の唄15

「あたしは今が楽しければいいって思ってるの」

最近の若者が思う今が楽しければ論かと思ったが
マナのその言葉の意味はもっと深いものがあった

「語弊があるかもだけどね えと なんていったらいいか
別に先を考えないでいいってわけじゃなくてね
その日 その時をどうやったら自分が納得して過ごせるか
後になって後悔だけはしたくないの
あの時あーしてればよかったってあまり思わないでいたいっていうのかなぁ」

思ったよりもマジメな顔をしてマジメなことを言われたことに
少々とまどったけど この子結構考えていたんだ

「10年先どうなってるかわからないし どういう選択が正しかったかなんて10年後のあたしにしかわからないしね
だったらね 一瞬一瞬を大切にしてその積み重ねで生きていって
ちょっと過去を振り返ったときに
あたしの人生ってよかったぁって思いたいの」

「でもさ 世の中って思ってるほど甘くないっていうか冷たいっていうか苦しいことのほうが多い気がするんだ」
マナのポジティブな思考と反して至ってネガな自分心底嫌になる

それでもマナは明るい声で
「んーなんでも否定的な考えだとやっぱ 何もできないと思うのよ
そりゃーあたしだって嫌なことや悩みはたくさんあるよ
自分の選択が間違ってないか不安で不安で眠れない時もあるよ
でも そんな中でも あたしはどうにかして楽しく思いたいんだぁ」

彼女の強さっていうか心の奥底を少しみれたような気がした
マナがどうして何をやっても楽しそうにしているか
マナは一つ一つのことに対して感謝して

おいしいものを食べたら「楽しい」
歌えたら「楽しい」
天気がよかったら「楽しい」

なんていうか人が日常を普通だと思っていることに対して
普通の人以上に感じているんだ
その他愛のない小さな「楽しい」を積み重ね
大きな「楽しい」にしているんだと思った

だから多分 マナの周りは明るくて
その光に人は吸い寄せられるかのように集まって
自分も周りも「楽しい」っていう気分にしてるんだ

現にオレもマナと一緒にいると楽しい

「ふふふ 偉そうにいっちゃったけどね要するにせっかく産まれてきたんだもん
人生楽しまないと損だってことなのだよ」
マナは少し照れた口調で話しカクテルを口にした

「楽しまなければ損…かぁ そうだよなぁ
てか マナってよく「なのだよ」って言うよな」

「あはは 口癖かも」

本当に無邪気に笑うなこの子は子供のようにはしゃぐかと思えば
少し大人びた顔もする 大人なんだけどな…
でも そんなマナがなんか眩しくて

「マナって太陽みたいだよね」
と素直に思ったことを伝えた

そしたらマナは首を振り
「あたしはね 月なんだよね」
と予想外の答えが返ってきた

「月?」
いやいや どうみてもマナは太陽のような感じがするんだけど…

「そう 月 そしてどっちかというと陽君は太陽」
え…オレが太陽?このめちゃくちゃネガなオレが太陽?

「なんでかって顔してるねぇ また少しマジメモードで話しますがOK?」

「お おう 説明のほうよろしくお願いします」
と丁寧にお願いしてみる

マナはコホンと一息いれ
「えとね あたしってね 何もないの
なんていうか自分で輝けるものっていうか誰にも負けないこと
あたしのことをね もしもさっきの例えみたいに太陽とか言ってくれるのは
嬉しいんだけどね その輝きは全部与えられたものなんだよ」

「与えられたもの?」

「そう 月って自分から輝けないでしょ?
なんで月が明るく輝くかというと太陽の光で反射して輝いてるから
あたしが「楽しい」と思えるのもね
太陽として輝いてる人がいるからなの
例えば マスターとか」

そういうとマスターのほうに目をやると他の客のためにカクテルを作っている
バーだったら当たり前の光景
正直な話し特に変わった様子はない
不思議そうな顔をしてマナを見ると

「えーわからないかなぁ マスターはあたしに「楽しい」と思わせてくれるでしょ?
あたしにはできないことを見せてくれて あたしは凄くその姿が楽しくて明るい気分になれるの つまりね あたしが笑えるのもこういった
与えてくれる人がいるからなんだぁ」

その話を聞いてマナはすごいと思った
ここまで物事に関して感じることができるものだろうか
普通 少しでも人に対して嫉妬というか
こんくらいオレでもできるんじゃね?
とか
たいしたことないと言いたくなることを
マナは素直に凄いと感じることができて
そしてそれを見ているだけで「楽しい」って思えること

楽しい=幸せと感じることができることが何よりも尊敬できて
その優しくそして笑顔で語る姿に少し胸が高鳴った
……
ちょっと待て
その前に考えることが一つある
じゃあ なぜ オレが太陽?
そこに引っかかった

少なくともオレにはもう何もないのに
トラックバックURL: http://kouyam777.blog64.fc2.com/tb.php/49-c42a056b

©<コウ>_2017.(RSS/管理/提供: AL2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。