インフィニティ∞ファクトリー

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンジオブライフ(完全版)

チェンジオブライフ

第1話 変化への序章

チーンジャラジャラ チーンジャラジャラ 
「○○番台ボーナスゲットおめでとうございまーす」
店内になり響くマイクパフォーマンスと音楽…そしてメダルと銀球の音…
タバコの煙と臭いが充満している店内に俺はいたんだ。
毎日毎日…そして打ちながらいつものように考えていた。
何してるんだろう…俺は毎日毎日…ノストラさんの予言ははずれてるし…
やってきたのは平成大不況……か
そんなことを考えながら面白くない毎日に何か変化が欲しいって…
いつも思ってたんだ。
そして時間はいつもどおり高速で過ぎ去っていった。

心の中で今日も無駄な一日を過ごしたな
そう思わないように何か忘れようとするように夢中になって時間を潰していった
あたりも暗くなり夜の22時 会社帰りに一杯飲んだ人々でにぎあう繁華街

「へへ 今日も勝ったな…」
(さてと勝ったことだし、これからミクニと飯食って…ムフフ…だな)
…などと考えながら財布の中を確認しながら夜の繁華街をテクテク歩いていた…。

その時俺はあいつに出会ったんだ…。多分この出会いは運命だったと思う
にぎあう繁華街の中でぽっかりと空いた空間まるで人から避けられているかのような
そんな空間の中から

「ちょっと君いいかい?」

人ゴミの中から一人に男から声がかかった。

「あん?」

振り向いてみるとよく道の端っこにいる易者(えきしゃ)からだった。
姿は60歳くらいの細身な体型で口のまわりは白髭をはやし丸眼鏡をかけた
うさんくさい男だった。

易者に近づき目の前に立ち

「なんだよ?おっさん?俺は占いとか信じねーぞ?」

そんな言葉も無視するかのようにその易者は話しかけてきた。

「君 おもしろい相がでてるね…。近いうちに変化が起こりそうな…」

「変化?」

「うむ…これ程はっきりでたことはないんじゃが…君…消えるよ…」

(はぁ?なにいってるんだ?このおっさんは?消える?)

「おいおい!おっさん適当なこというなよ!感じ悪すぎだぞ!」

突然消えるとかわけのわからないことをいわれれば、誰でも気分は悪くなる。
それでも易者は話続けた…。

「死ぬとかではない…そう何か別の何かが君の中で生まれようとしている…
 君は何か変化とかの願望があるんじゃないのかね?」

「そんな願望ねーよ!!」

一瞬自分の心を見透かされたような気分になったのか思わず大声で答えてしまった。

「て…てめえ いい加減なこというな!」

なんとなく嫌な感じがしたのか俺は繁華街を走り出していた…まるで逃げるように…。
走りながら思ったんだ…。
なんだ?変化って?消えるってなんだ?
別の何かって……?

何か急に不安になり
走りながら俺は携帯を取り出し美国(みくに)に電話をかけた。

「美国…今から来てくれいつもの喫茶店に!」

その話し方はいつもよりどこか焦った感じでそれに気付いた美国

「もう 正人はいつも突然なんだから…わかったよ。いいよ!」

「今度は何があったんだろうねぇ」とボソっといった
それでも どうやら美国にとって正人のワガママは慣れていたみたいで
そそくさと準備をし始めた



©<コウ>_2017.(RSS/管理/提供: AL2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。