インフィニティ∞ファクトリー

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンジオブライフ(完全版)

チェンジオブライフ

第2話 前兆


正人と美国がよく通う喫茶店
どこにでもある普通の喫茶店。チェーンの喫茶店が多い中
ここの喫茶店は地元からは人気で常連客が多い
その行き着けの喫茶店の二人がいつも座る席
入って一番奥の窓際の二人席で食事をとりながら
易者に言われた話をそのまま美国に伝えた
「……というわけで俺消えるらしい…」

「はぁ?」

予想通りの答えがかえってきた。
何いってるの?というような表情で…

「だろ?その反応間違ってないって…」

「いきなり声かけてきて消えるとか変わるとかねぇ…信じろってほうがきついよ。」

「でもなぁ変化が欲しいってのは当たっててさ…なんかな…」

「正人ねーみんな思ってることだよ?変化が欲しいとか変わりたいとか
 変身願望はみんなあるんだよ?私だっていえるよ?
 あなた悩みがありますね?とかさ」

コーヒーを飲みながらひょうひょうと話してくる美国の顔を見ていると
確かにそうだなって思ってくるな。
そう思うとなぜか急に腹がたってきた。

「クソ あのインチキ占い師の野郎!!今度あったら売上没収だな!」

「あはは…そうそう占いなんて自己暗示よ!まともに信じたらダーメ!
 でも実際変わってもいいんじゃない?正人の人生結構メチャクチャだし。」

ニヤニヤしながら俺の顔をみて一口コーヒーを含む

「ま…まぁな…」

相変わらずイタイ所をついてくる…言い返せない自分が情けない…
そりゃ変われるものなら変わりたいって…
そんな表情を読み取られたのか美国は優しくこういった

「でも そんな正人を見放さないで一緒にいてあげる私に感謝してね…あはは」

「ふん…俺が付き合ってやってるんだろ?」

「あはは…そういうことにしといてあげるよ!」

いつのまにか談笑になりワイワイと食事を進めていった
その時、ふと美国が気付き…
「あれ?正人って左利きだっけ?右利きじゃなかった?」

「いや最近さ、なんか左の方が使いやすくてな!

 まっ問題ないだろ?」

少し腑に落ちない顔をしながらも
「そうなんだぁ…」
と軽くながした
そう…何気ない仕草や行動がすでに変化の前兆ということに
気付いたのはもう少し後になってからだったんだ…


©<コウ>_2017.(RSS/管理/提供: AL2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。